がん保険の先進医療特約について

がん保険の先進医療特約について

がん保険の特約に先進医療特約があります。
大学や病院・研究機関などで開発され、安全性と治療効果を確認されたと厚生労働省が認定した新しい医療技術を、先進医療といいます。

がんの先進医療には、厚生労働省が認定した医療機関で行う重粒子線治療や陽子線治療・再生療法や免疫療法などの治療方法があります。
これらの医療は高度な技術を要し全額自己負担となるために、200万円を越えた高額になる場合もあります。

がん保険では、これらの医療を受けた場合の特約として先進医療特約が準備されています。
先進医療はがん以外にもありますが、がん保険の先進医療特約の適用範囲は、厚生労働省が認定した医療機関においてがんの治療を先進医療で受けた場合になります。

しかし、先進医療の多くはがん治療に関する医療技術になりますので、医療保険よりはがんに関して手厚い保険の特約としてつけた方が便利になりますし、特約保険料も医療保険につけるよりはがん保険の方が安くなります。
先進医療に不安感もありますが、がんの治療に従来の抗がん剤治療や放射線治療などだけではなく、先進医療という選択肢を持つことは治療方法の幅を広げて、がん克服の可能性を高めてくれることにもなります。
先進医療を少ない自己負担で受けられるがん保険の先進医療特約は、つけておいて損はしません。キレイモキャンペーン

最新記事

  • 2017年02月27日

    ホームページを更新しました。

PAGETOP